ヘルプ

キーワードから探す

※スペースで区切って複数検索が可能です。

カテゴリで絞り込む

カテゴリから探す

ID:12931

【コースマップ・ナビ】バッテリー消費を抑える方法について

コースマップのGPSナビ機能を利用時、バッテリー消費を抑えるには、以下の方法でバッテリー消費を抑えることができます。

■GPSナビ機能を「バッテリー優先」モードにする

コースマップ画面右上のGPSナビボタンで、GPSナビ機能をオフからオンに切替時のナビモード選択で、「バッテリー優先」を選択してください。
「バッテリー優先」モードにすると、コースマップ画面以外では、位置情報の取得処理をほぼ停止することで、バッテリー消費を抑えることができます。
ただし、再度コースマップ画面を表示時、現在位置が更新されるまで数秒間かかる場合があります。

さらに、スマホのバッテリー消費を抑えるには、画面の表示時間と明るさが大きく影響するため、以下の本体設定やスマホの使い方で抑えることができます。

■本体設定でバッテリー消費を抑える方法

1. 画面ロック時間を短くする。
 ・「本体設定」>「セキュリティ」>「画面ロック」>「自動ロック」の時間をできるだけ短くする。
2. 画面の明るさを下げたり、自動調整で無駄に明るくしない。
3. バッテリー消費が大きい他のアプリを一時停止する。
 ・「本体設定」>「電池」などからアプリごとのバッテリー消費を確認し、消費の大きいアプリ「強制停止」にする。

■スマホの使い方でバッテリー消費を抑える方法

画面表示をこまめにオフにしてください。
また、スマホをポケットに入れると、中でタッチが反応することがあり、画面表示されることでバッテリーを大きく消費してしまう場合があります。
以下の方法などで画面の反応を防ぐことができます。
1. ポケットに入れる場合、画面を体の反対側に向けて入れる。
2. 手帳型ケースなどで画面が反応しないようにする。

■バッテリーの劣化状態を確認する方法

●iPhone端末の場合
「本体設定」>「バッテリー」>「バッテリーの状態」>「最大容量」
80%以下の場合は劣化が進行している状態です。
60%以下の場合にはバッテリー交換をご検討ください。

●Android端末の場合
※メーカー、機種、OSバージョンによって、メニュー構成が違う場合や、情報項目がない場合があります。
「本体設定」>「端末情報」>「バッテリー・電池性能」>充電能力
80%以下の場合は劣化が進行している状態です。
60%以下の場合にはバッテリー交換をご検討ください。

■アプリダウンロードはこちらから
App Store からダウンロード Google Play で手に入れよう 


□参照先
GDOスコア
この内容は参考になりましたか?
ご回答いただきまして、ありがとうございます。
今後の参考にさせていただきます。

関連するご質問

Now Loading...

Now Loading...

  • カスタマーサービスセンターへのお問い合わせ

    WEBフォーム(メール)、電話、チャットでお問い合わせいただけます。

    お問い合わせ

  • GDOへのご意見・ご要望

    今後のサービス向上に活かしてまいりますので、ぜひご感想をお聞かせください。

    入力フォーム

Powered by i-ask